honey____04’s diary

きらきらひかる、だいやもんど

answer..

暑い。暑い。暑い。

ものすごくあつい、セミが鳴いてる。

あいすがおいしい。汗をかく。暑い。

クーラーが恋しい。クーラーが効きすぎるのは勘弁。

セミが鳴いてる。Left&Rightが耳元で流れる。

夏だ。

 

 

8月11日

あたしはまたひとつ歳を重ねる。

 

24歳のあたし、おつかれさま。よく頑張った。

3月末から環境が変わって、わたしは日本の中心、

そう、都内での生活を始めた。

めまぐるしく1日が終わっていく。

アイドルおたくをはじめて、はや6年。

おかげで、りある恋愛はすることもなく

いたいいたい、りあこおんなができあがった。

 

でも、彼らがいないとあたしは、いまこの状況で

仕事をして、ご飯を食べて、洗濯物を干して、片付けて

また、仕事をして、という、この日常生活すら

送ることができないくらい、疲弊してしまっている。

 

f:id:honey____04:20200811001152j:image

 

ニュースでは、コロナ 。コロナ 。コロナ 。

自粛、自粛、自粛。そればかり。

 

念願のそうるこん、念願のドームツアー。

りあこおんなが1番楽しみな現場は、全てちゃら。

 

何を目標にがんばればよい?

どこでストレス発散したらよい?

おいしいものが食べたいんだけどな?

遊びにいかせてよ、ねぇ。

彼らに会わせてよ、、ねぇ。

旅行させてよ、ねぇ。

 

怒りと悔しさ、歯痒さ、マイナスな気持ちばかりが

ドロドロと、わたしのなかで、めぐって、

さらに、心が疲弊する。

 

 

彼らも同じ気持ちでいてくれてることだけが

何よりの救いだ。

いつもとは少し違うけど、

カムバをしてくれ、些細なことをうぃばすで

教えてくれる。そして、コンテンツを提供してくれる。

 

疲弊した心と身体も彼らのおかげで

保つことができる。

フル満タンではないのだけど、まだがんばれる。

そうさせてくれるのは、紛れもなく彼らだ。

 

f:id:honey____04:20200811001225j:image

 

あたしももう25歳になる。

周りは、半同棲していたり、結婚して子どもも生まれてたりしている。

 

あたしは、、、?

りあこおんな?して、こじらせてる、、?

笑えない。ちっとも。

 

 

谷川俊太郎さんの詩集

【あたしとあなた】

と、いうものの中に【他人】という題名の詩がある

 

 

あたし 草むしり しています

あなた テレビでしか 見たことのない あなた

かっこいいあなた

世界中の人が

あなたを 知っている つもり

会ったことなくても 話したことなくても

好きだったり 嫌いだったり

あたしの 人生は あたしが決めるけど

あなたも ちょっぴり

あたしを 決める

あなた あたしの 赤の 他人

 

f:id:honey____04:20200811001439j:image

 

この詩を、読むたびに、そろそろ決めなきゃ。と。

いつも思う。そう、思うの。

でも、いざ決めようとおもって、行動しても、

戻ってきてしまう、彼らのもとに。

 

決められない。まだ わたしに。

わたしは 彼らが 必要。

まだ 必要。

あたしの よりどころ。

 

あたしも あたしを 決める。

その日がいつになるのかもわからない。

いつになるかわからない、その日まで、

いまの あたしをそのまま、大事に 愛そうと思う。

 

りあこおんな

べつに引かれてもいい

あたしは あたしだ

考えても 答えはでない

気の向くままに あたしのこころが 動くままに。

あたしが あたしを 決めるまで。

りあこおんなでもいいや。

 

 

25歳 おめでとう あたし

なるようになる これから先

いいことが たくさん訪れるように

あたしも あたしのことを お願いする

 

 

25歳 やりたいことをやる

 

f:id:honey____04:20200811001527j:image

 

 

わたしの大切なひとたちが 健康に過ごせますように

幸せであふれますように みなさん あいしてる

 

 

2020.08.11 はに